2013年7月9日火曜日

焼酎の小売価格

宮崎県高鍋市から佐賀へ行くのに、嵐が来ている為、高速が使えなかったら、大分から博多経由の九州半周の旅になるところだ。
幸いバスは走り出し、都城北、えびの高原辺りを経由して、時間通り新八代駅到着。
九州新幹線で新鳥栖経由し、佐賀駅到着、シャワー浴びていつもの居酒屋へ。
ビールに刺身で一杯やり出し、焼酎は何を飲もうかとメニューを見たら、小売価格の不思議さに気が付いた。
一般的なのは500円前後だが、百年の孤独が990円、そして伊佐美は10円高い1000円。魔王も同じ1000円。
貴重さと価格は余り比例していないのかな?
訳のわからないものがあると食べたくなるが、メニューには「エツゴの唐揚げ」なんてのがある。
なんだかわからないまま頼んだら、この辺りの干潟の名物むむつごろう等の仲間のようで、見た目には大きめのワカサギ。

0 件のコメント: