2017年9月20日水曜日

ベルリン-1:イタリアとドイツの違い

 暑かった北イタリアあちこちから、ミラノ発アムステルダム乗り換えのフライトで一気に涼しいベルリン。
音楽のように聞こえるイタリア語から、金槌のようなドイツ語に激変。
パスタから肉へ、繊細な料理から頑強な料理へ。
ホテル並びの繁盛しているステーキハウスに飛び込み、早速ドイツビール。
 このステーキハウスはヨーロッパ各地で当たり前のエージングの表示はまったくない。
ドイツがそうなのか、ベルリンがそうなのか、あるいはこの店がたまたまエージング関係なくやっているのか……
スターターのサラダは乱暴カットだが素材は良い。
出てきた180グラムの小型ビーフのショートロインステーキは実にうまく焼けている。軟らかさも味も適切。
サービスのお姉さんに「これ最高だね」と言ったら「エンジョイ!」
イタリアの場合こういう時は「サンキュー」になるのだが、ココらへんもドイツとの違いだな。
 シャルドネのグラスを頼んだら、濃い辛口だ。いいね。
ドイツの白ワインというと日本では甘口のが多いが、こっち来るとそんなことはない。
スティルウオーターの小瓶を頼んだら、トスカーナ産が出てきた。イタリアの名残。

2017年9月19日火曜日

ミラノ-2:巨大ビッラ

 ドゥーモ横のガッレリアの端で、ダビンチの特別展をやっている。
絵画ではなく、構造物、模型、建築、飛行に関するものなどを集めた。
有名なヘリコプターのアイデアなどが幾つも。
ダビンチ、空を飛びたかったんだろうな。
昔の人で話したい人はだれ? という問答があったが、私はすぐに「ダビンチ」
これだけ色々なことをやった人の頭の中は一体どうなっているのか……

近くのカフェレストランに入って、まずはビール。
ミディアムかラージかと聞くので、喉乾いてたので当然ラージ。
来たら巨大なグラス! 重い!!
日本のビヤガーデンなどでの大ジョッキと量は同じようなものだろうが、こういうグラスに入れると迫力がある。

2017年9月14日木曜日

ミラノ-1:エビ、エビ、エビ

ブレラ美術館を出たあと、向かいの路地に入ったら、以前から聞いていた職人街に入った。
歩行者専用道路で、玉石の上を歩くと、足裏マッサージのようで気持ちがいい。
なかなか良さそうなレストランやカフェがあちこちに。
Nabucco」というレストランに入った。音楽好きのオーナーかな……
 シーフードがかなり充実しているようなので、しばらくぶりに海のものにした。
海外で海産物を食べると、まあ仕方ない、というレベルがほとんどだが、この店は違った。
まずはサラダで、エビ、イカをバジルソースで食べる。
心配しながらエビを口に入れたら、これはいい!
マグロは赤身で、吉祥寺のいつもの喜久寿司と同レベル。
 メインのロブスター半身は大型で、爪がすごい。アルデンテのスパゲティ付き。

 車海老のグリルがなんでメインになるのか、量的にそんなのありかなと思ったら、巨大なピンクタイガーのような有頭海老が4尾でサイズは8アンダー。すごいボリューム。これならメインで当たり前。
メロンハーフカットのカッティングも面白い。これになんとバルサミコをかける!

エビだらけのディナーだった。
この店、あとで調べたら有名な店だった。

2017年9月12日火曜日

ベローナ-6:ソーサーのデザイン

 カップが置かれるへこんだところがずれている。
これならスプーンやシュガーの置くところが広くていい。
ベローナ駅のカフェ。

2017年9月11日月曜日

ベローナ-5:保温のコーヒーカップ

二重構造で保温ができるコーピーカップ。
見た目にも近代的。

2017年9月8日金曜日

ベローナ-4:裏ラベル



ミネラルウォーターのラベルの裏にもプリントがあり、水を透かして読める。
高品質の水のラベリングにいい。
しかしガラスは割れやすいので、日本での製品化はリスクがあるな。

2017年9月7日木曜日

ベローナ-3:ドライビーフカルパッチョ

 ベローナ名物の野外オペラは、壮大なスケールの「トスカ」だった。

 ベローナの人気レストラン2番目が近くにあるので行ってみた。
ガスパッチョは盛り付けに凝っている。
サラミは単調な盛り付けだが風味豊か。
牛の生ハムがあった。ドライビーフカルパッチョだな。
肉の味が濃くなり、なかなかのもの。
 グラスワインを注ぐ面白い道具が出て来た。
ボトルに取り付け、球状になった部分にドボドボといっぱいに入れたあと、ひっくり返してグラスに注ぐ。
なるほど、これなら量で揉めること無いな。
デザートの皿もおしゃれ。
この店、メニューを見ただけだとどうってこと無いが、食べると全て素晴らしい。
野外オペラの街、美味しいもの好きな皆さんが世界中から集まる夏、こういう素晴らしい店がたくさんのようだ。